2019年9月アーカイブ

僧侶のピアス

映画「セブン・いやーズ・イン・チベット」を見てて思ったのですが、
チベットの政府官僚がつけてるピアスのある一定のルールがあるように思えました。
位が上がるとこれになる、みたいな。
あの映画には、今は亡くなられた「マコ」さんも出ています。
彼のしてるピアスと、他の政府関係者がつけてるピアスが違ったのです。

好みの問題?とも思ったのですが、同じレベル(というのか?)の人達は同じピアスを付けてました。
まさか映画で使いまわしてる、ってことはないでしょう。
きっと何か意味があるのだと思うのです。

葵、ターコイズのような大きな石をいくつもぶら下げていましたが、
その間にも他の石があったりして、一番下は方に当たるくらいの長さです。
ピアスの穴が避けそうなくらいに重そう。
マコさんも「重いな」って思ったのかなー?

でもって、そのピアスが歩s区なりました。
つけないけどね、ちょっとある事に使おうと思って。
チベットに行けば買えますかね?
チベットっていっても中国だしね、なんかニセモノをつかまされそうで怖い。
では、ダライラマがいるインドのチベット政権区域ではどうだろうか?
こっちの方がよさそうだ。
「セブン・いやーズ・イン・チベット」もインドで撮影されたしね。
だって中国が許さないんだもんね。
ダライラマの存在を認めてない国だ、、、なんてこった。
てなことで、買いに行くなら断然インドかな。

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。