マリーゴールドホテル

映画「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(だったよね確か)っていう、
インドで撮影した、ものすごいメンバーが出てる映画があって、
あの映画で何回か出て来る言葉で、

幸せは最後にやってくる、もしまだシアワセではないとしたら、
それはまだ終わっていないんだよ

みたいなところがあるんです。

この言葉のとおり(??)この映画は第二弾は出ました。
こちらはこういう言葉でもなくて、
ジュディ・デンチのブログ形式にもなっていないけど、
ホテルのチェーン化をはかろうと奮闘するホテルの男の子と、
マネージャーに扮したマギースミスが面白い。

年代によって見方がかわるらしくて、年配の人にとっては面白くて、
若い人にはそうでもないらしい。。

リタイヤした人たちがインドに行って頑張るっていう話だから、ではないかな。
若いとそういうこと考えないもんね。

でもちゃんと考えなくちゃいけない時はやってくるんだからね。
いつまでも若いままではいられないのだ。誰も。

このブログ記事について

このページは、ほだかが2019年6月 1日 22:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「髪の毛をしばる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。