2017年10月アーカイブ

ADHDの特徴

どうしても、時間があったりするとADHDのことを考えてしまう。
興味があるんです。
大人になってから気づく人も多いのですが、ずーーっと気づかないで生きてきてる人も多い。
ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なります。
大人になってからADHDと診断される人は、こうしたADHDの症状に子どもの頃からずっと悩まされています。
多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、
それにもかかわらずなかなか状況が改善されません。
そのため、自分自身を責めたり、本人が怠けている、悪気があってやっている、
あるいは親の育て方のせいといった非難や誤解にさらされたり、つらい状況に置かれがちですね。

忘れ物やなくしものが多い大人、近くにいまして、
ADHDではないかなって疑っています。
その人の行動を見ていると、本当にそうなのですが、
医者でもないのに判断は出来ない。

子供の場合は少しう違う。
ADHDの子どもは自分に自信が持てずに、色々な方面で支障をきたしてしまうことが多々あります。
その為、ADHDの子どもと接する際は少しだけ注意が必要で、
でも育つ環境のなかで改善されていくこともあるのですって。

特徴に当てはますからってそうだともいえないし、
当てはまらなくてもそうな場合はあるのです。
難しいですね。

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。