バイト

外国でバイトしてる友人がいます。
でもその子に「バイト」って言葉を使うとちょっと怒る。
バイトではない、というのですが、名前やシステムは違っても、聞いてる限りあれは「バイト」なのだし、
そういわせておけばいいじゃないか。面倒っちいなー。

そんな中、こんなことを知りました。
とあるコンビニの店舗が風邪で休んだアルバイト店員から罰金をとっていた!
ありえない。

会社によると東京・武蔵野市の加盟店でアルバイトとして働いていた
16歳の女子高校生が風邪で2日間欠勤したとして9350円の罰金をとっていたというのですな。

給与明細では実際に働いた25時間分の給料2万3375円が書かれていたけど、
そこから9350円が差し引かれ手書きで「ペナルティー」などと書かれたメモが貼られていたというじゃないですか。
店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」と説明したというけど、
そんなのないよね。

またこんなことがまかり通るようなその店舗の店長(?)じゃ困る。
ちゃんと法律を勉強してほしいものですな。

バイトでもちゃんといろいろなことが守られているのだ、
場合によっては有休もあるとかですよ。

このブログ記事について

このページは、ほだかが2017年5月 1日 06:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「へーって思ったこと」です。

次のブログ記事は「許したくなる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。