薬剤師の旦那さまのファッションについて思うこと

私には、薬剤師をしている大好きな旦那さまがいます。
とても優しい旦那さまに対して私は何も言うことはありません...
ありませんが...一つだけ気になることがあります。

それは旦那さまのファッション...
『ダサい』とまではいきません。
お洒落ではないなと思う程度ですがね...

旦那さまはとにかくズボンにシャツや上着をインしたがるんですよね。
ズボンも腰で履くような今時のスボンじゃありません。
股上がお腹のくびれまであるようなズボンなんですよ。
しかもちょっとピチピチなのです...
いつ買ったものなのでしょうか...
旦那さまは薬剤師ですが化粧品メーカーで研究職をしているんです。
研究者やクリエイターの人たちはファッションなんかをあまり気にしないと聞いたことがありましたが、本当でした...。
仕事中は白衣を羽織るのであまり目立たないかなぁと思うのがせめてもの救いです...
余談ですが、旦那さまは仕事柄化粧品の成分なんかにとっても詳しいんです!
雑誌やネットより旦那さまのコスメ情報が一番信頼できます!
薬剤師が化粧品会に転職するのは難しいと聞いたことがあるので、やっぱり私の旦那さまはすごいなぁと尊敬します!

しかしですね...
私はそのズボンだけは許せなくてこっそりと捨てようと試みました。
ゴミ出しの日に合わせて、そのズボンを出しておいたんですよ。
そしたら朝起きてビックリ...
そのズボンを履いた旦那さまがゴミ出しに行こうとしていました!
私に向かって「ズボン出しといてくれてありがとう!」と満面の笑みで言いましたよ。
そんなわけでそのズボンはまだあります。

私が格好良いズボンを買ってあげても、それはあまり履いてくれないの...
「履き慣れたズボンが一番!」だとか言って。

私はこうなったらズボンが破れて履けなくなることを祈るしかありません!
せめてシャツをインするのだけでも止めて欲しいです...

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 薬剤師の方で臨床開発をお探しの方は←をご参考下さい。
  • 保健師の方の転職で人気なのは保健師.netというサイトです。人気転職サイトのランキングなど。
  • 高給与の大学病院の転職情報はこのサイトが情報がまとまっています。
  • このブログ記事について

    このページは、ほだかが2014年10月24日 11:41に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「フェイスブックの必要性」です。

    次のブログ記事は「初めてのスマフォで...」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。